ジョウビタキのジョウちゃんが・・・2009年11月18日

ジョウちゃんを捕まえようとする妻
 ついに妻の怒りが頂点に達してしまいました。我が家の新顔、ジョウビタキのジョウちゃん(11月10日記事参照)は、縄張り意識をエスカレートさせて、我が家の軒下、一番洗濯物を干すところとそこの窓の間(その間わずか50センチ)をひたすら行ったり来たりして大量の糞を落としています。「もう我慢ならん!!」と妻が言うので、「窓開けとったら家の中に入ってくるけん、捕まえられらあよ。」と言ったら、私が仕事に行っている間に窓を開けたらしいんです。そしたら案の定部屋に入ってきたので、妻はすかさず用意しておいた魚採りの網でジョウちゃんを確保。ジョウちゃん、とうとう年貢の納め時です。そこで妻は考えたそうです。どうすれば苦しませずに済むか。頭をコツンか、首をひねるか・・・。この人は怒らせない方がいいようです。私も気をつけようと思います。(しかし、「このことは絶対ブログに書くな」と釘を刺されたのに書いてしまいました。危うし、僕ちゃん!!!)しかし、そうはいってもさすがにためらっているうちにジョウちゃんは逃亡。晴れて自由の身になりました。もう戻ってくることはないでしょう。いや、戻ってくるんじゃないぞ。ジョウちゃん。
 夕食の時この一件を話す妻を、次女が、「鳥さんいじめたらいかんがぜー。」とたしなめていました。